1. TOP
  2. amikoブログ(当ブログすべての記事)
  3. 宝塚・芋菓子Pa-Ta-Ta様、包装の悩みを差別化ラッピングで解決

宝塚・芋菓子Pa-Ta-Ta様、包装の悩みを差別化ラッピングで解決

芋菓子ぱたたラッピング講習あおいとりからのおくりもの阪急今津線逆瀬川駅すぐ、アピア北1階にある「芋菓子Pa-Ta-Ta」様。

鳴門のブランド芋「里むすめ」を使用したお菓子が大人気のお店です。

もうね…食べてみてください!たまりません…(*´▽`*)

 

オーナー海老様は、商品のパッケージ、ラッピング、発送用ボックスや詰め方、

接客をしながらの包装対応、外部出店の際の包装は…?などなど

沢山のお悩みをお抱えでした。

お悩みを抱えていても、実際にはそれを解決する時間が無いということも

お悩み事になっておられました。

 

宝塚商工会議所様から「ひらきさん、なんとか解決を」とお声かけ頂きお伺いしました。

 

実際の店頭でお悩みをお伺いすることにより問題点が見えてきます。

その場ですぐ解決につながることもあれば、

現在の包材をより活かして使用したり…。

よりコストダウン、商品が目立つ、美味しそうに見えるご提案をさせていただき、

簡単な手順で仕上がるラッピングご伝授や、今後の包材のご相談まで。

 

包材についての課題を持ち帰りサンプルを作ります。

宝塚芋菓子ぱたたラッピングあおいとりからのおくりもの

 

美味しいお芋菓子を食しまして幸せ気分♪

こんなおいしいお菓子がもっとたくさんの方々に届きますように…

Gift用も素敵に包装ですネ!

芋菓子Pa-Ta-Ta様←こちらクリック

PaTaTa様二回目の差別化ラッピングコンサルティングはこちら

 

あおいとりからのおくりもの平木安見子